読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近pocketを使うようになりました。

いまさらですが、pocketを活用するようになった話。

あとで読む系のサービスの定番pocketですが、アカウントをとりあえず登録してはいたものの、あまり使わずに放置していました。

そんな僕がなぜいまさら使うようになったのかという話をします。

getpocket.com

 

最近の僕の情報収集(ネットで)

僕の情報収集は主に2系統になっています。

Twitterfacebookで流れてくるURLを開くパターンとgoogleで検索して出てきたページを開くパターン。

このパターンは昔から変わってないのですが、最近の僕の傾向としてはiPhonechromesafariのタブで開くということが多くなっていました。

その中であとから読まなさそうというものはタブを消して、読みそうなものはタブを残すというのをしていました。

あとで読もうと思っているものをタブで開いて残す運用

そんなことをしていたら当然chromeのタブは増える一方でして、増えていくタブの個数を見ながら「あぁ〜なにかの拍子にiPhonechromeがクラッシュしたらまずいなぁ〜」とか思いながらも、「まあ今までなんとかなってるんだし大丈夫でしょう」なんて楽観的に考えていました。

余談ですが、iPhonechromeは今開いているタブの個数が見えるようになっていますが、100個目以降は「:)」になってしまって、今何個タブを開いているのかわからない仕様になっています。

pocketに全部ぶち込んだ

そんなことをやっていたのですけど、いくつか理由があってpocketに開いているタブを入れました。

その理由ですがだいたい下記のようなもの

・さすがに前時代的すぎるだろう

iPhoneで読んでいたページをiPadで読みたいという場面が出てくるようになった

・「あの記事なんだっけ?」といって思い出す場面が増えてきた。

よかったこと

chromeのタブが消えた

iPhoneで読んでいたページをiPadで読むのが楽になった

スマホ対応じゃないページが読みやすくなった

・5割くらい読んでよさそうだったらpocketに入れてあとで読むというのはやっぱり楽

悪かったこと

・記事の取得ができないものがある

・URLだけ記録するほうがいい場面では不向き

 

まとめ

pocket便利